経済・政治・国際

多数決と民主主義

 いつからか一般的に民主主義=多数決とい
うような既成概念が出来てしまっているので
はないだろうか?それともこれは私固有に刷
り込まれた概念なのか?
 思い返すとそれは多分小学校の高学年の頃
だったような気がする。担任の先生がベンサ
ムの「最大多数の最大幸福」(功利主義と呼ば
れるらしい)を引き合いに出して説明したこ
とを記憶している。本来の意味とは違うよう
だが、大多数の意向が通れば幸福度も増す、
と単純な論理だと解してしまったようで、で
も子供心に“数に任せてものごとを決めつけ
られてしまうのは何だかおかしくはないか?”
と思ったものだ。
 しかし、現在でも多数決とはそんなものだと
曲解し、それを民主主義の拠りどころだと思い
込んでいる人も多いのではないだろうか?
そして現在、世界の多くの国ではどんな政治体
制であろうと、この多数の論理で政治が動いて
いるが、でもそれは国民の「幸福」を求めるも
のではなく「最大多数の最大権力」に依拠して
利得のために社会を方向づけようというものだ
と思われる。
 民主主義の広告塔であるアメリカは、多数決
は少数の権利や自由を奪ったり蔑にするもの
はないと弁明しているようだが、果たしてそ
なっているのか?
 さて、選挙結果が出てすぐさま、政府は武器
禁輸措置の抜本的見直しに取り掛かった。
ほら、
アベノミクスとやらの推し進める経済再
建は軍
需産業育成で引っ張るつもりなのだ。
これで自
衛隊が堂々と軍隊に昇格し、集団的
自衛権の拡
大で大手を振って世界中に派兵を
可能とし、憲法
の改正によって9条を切り崩す。
インフレが進
んで雇用と収入が悪化してゆけ
ば、アベチャン
は思う壺でヒットラー的な国民
誘導に驀進して
ゆくだろう。
 そういえば今日の新聞には地域別最低賃金
の収入が生活保護給付水準よりも低くなる
都道
府県が11になっていると出ていた。しかも

その差額は多くて22円、少なくて1円だ。という
ことは最低賃金が高い場合でも差額は数円く
いしかないということだ。こんなもの、最低賃
金を少々引き揚げたって屁のつっかえにもな
ない。そして政府がやりそうなことは生活保
給付水準の引き下げに違いない。

 ああ、多数決と民主主義!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこへゆくニッポン

 参院選まであと2日だ。マスコミはいつも
の世論調査で世論操作に忙しい。報道による
と自民党が圧勝しそうな気配だ。
 しかし我ニッポンジンという奴は馬鹿ばっ
かりになり下がったものだ。ほんとうにそれ
でいいのだろうか?自民・公明ラインで衆参
両院が絶対多数を占めてしまったら大変なこ
とになる!!多勢に無勢で好き勝手にやられ

てしまう!
 今度も投票率は50%を下回るだろう。そし
て投票に行くのは中高年というよりも老年層
が相当な割合になるんじゃないか。東京に居
た頃も田舎に来てからも、投票所で目にする
のはオジンオバンばかりで2030代と思し
き人の姿を殆ど見かけない。そして自公に入
れるのはマスコミの操作に引っ掛かり付和雷
同で動きたがる老年層に違いない。
 憲法改正よりも議員数削減よりも必要なの
は投票のルール作りではないか?
例えば;
まず、投票率は7割を切ったら無効としてや
り直しをする。しかも投票者の必要年齢層配
分を設けて人口構成とは逆のピラミッド型と
し、投票者数のうちに占める割合を2030
代を4割、4050代を3割、60代は2割で

70
歳以上は1割。割合には前後5%の巾を
認める。これに満たない場合は、この条件を
満たすまで何度でも投票を繰り返すのダ!
そして、候補者の中で“こいつだけは当選
させたくない”という奴を選挙区を問わず
5
名まで記名することができる落選投票も
やる。これで一定の投票数を集めた候補者
は晴れて失格となる。
 これくらいしないと、ニッポンという国
はほんとうに国破れる。

で、若者よ選挙に行こう。そしてとにかく
とりあえず自公以外で少しでもまともだと
思われる候補者に投票しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう…

 衆院選の結果が出て、予想された通りの
趨勢ではあったけれどまさかあれほどの自民
圧勝になるとは思わなかった。改めて小選挙
区制というものの怖さが分かった。
 しかし投票率が戦後最低というのは、無党
派層を中心として主に若年層に政治への期待
が無いからだと思う。
 
―誰がやっても同じだろう…、―どうせま
た政党も政治家もあちらに着いたりこちらに
移ったりして混乱は続き、実際は官僚が粛々
と国家運営を進めるだけ…と諦めてしまって
いるに違いない。
 安部ボンを首領に頂く自民党は調子に乗っ
て憲法改悪や増税に言論締め付けと軍備拡張
などなどを推し進め、場合によっては徴兵制
にまで踏み込むかもしれない。大企業と業界
優遇に拍車をかけ、経済再生の名目で馬鹿の
一つ覚えである公共事業推進に突き進み、そ
のための国債増発で借金増加を加速させ、す
でに破綻している国家の収支は炎上する。そ
して格差社会はさらに悪化する。国際社会か
ら見放されてアメリカの属国の地位からも転
落し、中国の属州としてかろうじて地図に残
る…
 そんな国には、したくない。でもこんな状
況を招いたのは私達国民なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対立をエスカレートさせるのは

  今、中国での反日行動がエスカレートして
いるそうで、報道の無い日はない。私はあま
り中国は信用していない。未だに一党独裁と
いう稀有な政治体制の非民主的な国なのに、
経済的な戦略優先で進出してきた企業は、
これから先さらに手酷いしっぺ返しを喰らう
に違いない。そして今の日本にはうまく政治

的決着を誘導できるような知恵も力も無い。
もし日本国内に居る中国人が何らかの動きを
見せるようになれば、事態はさらに拙い状況
に陥るだろう。
 
一方、イスラム圏ではムハンマドを冒涜し
た映像をきっかけにした反米行動が世界各地
で燻りを拡げていて、私にはこっちのほうが
世界状況への影響ということでは気になって
しかたない。
 件のビデオ映像をYouTubeで見てみたが、
非常に安っぽい陳腐なものだ。アメリカ在住
の者が制作・配信したらしいが誰にとっても
意義のあるものでないのは明らかだ。
 こうしたイスラム世界への挑発は、いつも
欧米のキリスト教世界から一方的に始まる。
どんな宗教だろうと、あのように狭小で偏見
に満ちた考えは容認できない筈なのに馬鹿は

どこにでも居るものだ。そしてそれに対する
抗議行動を反「米」に誘導している或る意図

的な力が働いているということもあるに違い

ない。そしてそれをまた安易にアルカイダ

などと結び付ける短絡的な言論が出る。

 911の後はアフガニスタン叩きでガス抜き
をした。その後はイラク叩き、イラン苛め、
リビア転覆などがあって大きな反「米」に繋
ることは避けられていた。しかしこの反「米」
がターゲットを広めて本当の宗教対立と文明
衝突に向かうならば、人類と地球の自滅の加
速度は急激に上がるだろうと危惧されてなら
ない。
 こんな時こそ音楽家が立ちあがるべきだ。
ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンが
存命ならば、きっと何らかのアクションと
メッセージを発しているのではないか?

今、スティングは何をし、この事態をどう
捉えているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島原発の真実と嘘

目を開け 声を出せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出して欲しい 或るスピーチ

 もう忘れられてしまっている或るスピーチがある。

1992年、通称ECO92リオ・サミットと呼ばれた国連の

環境開発会議でのことだ。当時は世界中の新聞やテレビ

で広く報じられたかと思う。アフリカに暮らしていた私

CNNのニュースでその姿を見た覚えがある。

 12歳のカナダの少女セバーン・スズキは子どもの環境

団体を代表して世界各国からの代表達を前に演説した。

それがこの「世界を黙らせた5分間」だ。

*スピーチの訳と原文は以下のサイトでhttp://www.sloth.gr.jp/relation/kaiin/severn_riospeach.html

この優れて的を得たスピーチは会場の聴衆を聞き入らせる

に十分な説得力があるが、残念ながら彼女の提案を受けて

動いた政治家も企業も居なかったようだ。それはその後の

世界で何が起きたのかを振り返れば一目瞭然だろう。 

そして、今現在この日本で進行中の様々な出来事、政治や

企業が何をやっているのか、何をするべきなのかを考え行

動する指針として今一度よく聴き返して欲しいのだ。

 その後、セバーンはイエール大学でエコロジーと進化生

物学を学び、バンクーバーのヴィクトリア大学大学院へと

進んだ。今は環境問題研究・活動家としてテレビのプレゼ

ンターや著述に忙しいという。

 名前から分かるとおり彼女は日系の血をひく。父親の

デビッド・スズキはバンクーバーでクリーニング屋を営む

日系移民を両親に持ち、第二次大戦中は収容所生活を体験

した。カナダを代表する生物学者・環境活動家として国民

的知識人に数えられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

或るメッセージ

アメリカに暮らす娘が時々紹介してくれる

YouTube動画のひとつ。

内向きにならず世界に目を向けること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この国の行方

  別のブログと今月末締め切りの執筆などあって、そし

て日常のあれこれにモノ申す気分になれず、暫くこの

ブログを更新していなかった。

  しかしまあ民主党も地に堕ちたものだ。最初からそれ

程は期待などしていなかったからいいんだけどね。

でもドジョウを自認するノダも奴が選んだ閣僚も本当に

無能無策の輩ばかりだ。とにかくバカばっかりの税金ド

ロボー達の人員削減が最優先なのに、議員数削減ほかの

重要案件はホッタラカシにしたまま消費税増税の筋道だ

けはしっかりつけて国会は早々に閉会だ。

 昔の漫談家、牧伸二の「アーン、やんなっちゃった、

アーンアン驚いた!」なんていう懐かしいフレーズが浮

かんでしまう。

  そして世の中の一部ではボーナスが出たという。私

業でボーナスが出るのは幸運だ。でも何故に公務員やら

議員やらの公僕がボーナスを貰う権利があるのだ!

利益を生み出しているわけでもない奴らに手当など言語

道断の暴挙でしかない。関連法の改正もまた優先して取

り組むべき課題だ。そんなこんなをやった後での増税議

論だろうし、たかだか消費税を操作したところで企業へ

の優遇などすれば全体的な税収は大して変わらないだろ

う。そして一番肝心なのは暮らしかたの基本理念を整理

し、根幹の社会システムを変えない限りいくら税制を変

えようともこの国の抱える負債は減るどころではなく、

まだまだ右肩上がりに増えてゆくだけだと言う事だ。

 国債は国内で保有されているからとか言って安心感を

煽る一部の御用学者や経済アナリストがいるが、馬鹿を

言っちゃあいけない。ギリシャどころではない状況であ

ることは間違えないだろう。

  私はといえば、パートでアルバイトをしていた近所の

食品加工工場で3カ月刻みの契約を更新しないと言われ

頸を切られた。注文に合わせて日毎の生産量を決めてい

るのだが、仕事量が少なくて休みが出たりしていたし、

いつも定時前の午後34時くらいに終わっていたから

大丈夫なのかと訝っていたのだ。これが地方の中小企業

の現実ではある。

 このようにこの国はまた年の瀬を迎えるが、今年は

年越し派遣村の話題に加えて年越し生活保護村の話題

が浮上してくるのではないかと予想する。

 ああ、この国の行方!皆がポジティブに真剣に考え

行動しないと、本当に大変なことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欺瞞の国の未来

 福島県産の米が全て出荷可能となったらしい。それは

政府が適当に決めた放射性セシウムの暫定基準値、玄米

1キロあたり500ベクレルを下回ったからだという。

だいたい、この基準値そのものが安全性を保証する数字

じゃない。訪日中のベラルーシの研究機関(チェルノブ

イリ原発事故後の住民対策に携わってきた)ベルラド

放射能安全研究所が指摘したが、日本政府が設定してい

る放射性物質の基準値は全てにおいて甘すぎる。

 例えばベラルーシでは水1キログラムあたりの放射性

セシウムの基準値は10ベクレルだが、日本は200だ。

 470ベクレルが測定された米もあったが、調査研究用

として県が買い上げるという。知事は安全性が確保され

たとコメントしたそうだが、福島県の米農家は安堵した

のだろうか?テレビのニュースでは「風評被害が怖い」

という農民の声が紹介されていたが…

 はっきり言う、私はこれから基本的には福島県産の米

は食べない。これは風評被害ではない、基準値も測定方

法も公表のし方も信用しかねるからだ。

  それは米農家のためでもあると思う。一時的になんと

か生活は続けられる?かもしれないが、数十年後に

「あのとき福島の米を食べたばかりに…」ということに

なれば自責の念に駆られるのは生産者だ。

 肉牛の例もあったが、事は米だけでなくあらゆる農産

物や畜産品などに及ぶ。政府と東電は全量を買い取るべ

きだろう。

 18歳未満の子どもの甲状線検査が始まった。しかし事

が起きるのは子どもだけに限った事ではない。環境省は

除染の基本方針を決定したという。これも廃棄物の処理

や具体的な方途も無いままに、数字と予定だけを述べ上

げた只のゴタクに過ぎない。

 なんという欺瞞!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

国は覚悟を決めろ

もういい加減にせえ!

福島県産の、放射線に汚染された稲藁を与えていない筈

の牛肉からもセシウムが検出されたとかで、出荷停止の

解除を先延ばしすると騒いでいる。原発事故後の稲藁を

食ったかどうかなんて大して関係ないことくらい分かっ

てるだろう。

  前にも書いたように、少なくとも原発から数十キロ

は福島県に限らず空気も土地も水も汚染されている。

岩手県陸前高田の松も放射性物質に汚染されていただろ

う。同じように米も果物もニワトリも…本当は日本全

土が今現在も何らかの汚染被害は受け続けている。

だから牛と言わず人間を含めた全ての動物や植物も程

度の差こそあれ内部外部の被爆を受けているのだ。

  なんでこんな明白なことを隠そうとか、恰も被害が少

ないかのように口を濁すのだろう?すぐには健康に影響

がでない数値であるとか、そんな方便言ったってしかた

ない。事実を正確に公表し、国や東電は何をどこまでど

のように保障するのか、どんな対策を行うのかを真摯に

正直に発表するしかない。

  事実を明かせば社会混乱が生じるだとか風評被害が広

まるなどを言い訳に逃げている場合ではない。風評など

無い。全ては不信と疑心暗鬼を招いた政府と真っ当な批

判も意見も出来ない無能な政治家たちの産んだ事だ。

首相の首すげ替えの前にやるべきことは幾らでもある!

| | コメント (0) | トラックバック (0)