« Streetじじい達 | トップページ

一神教の母性性と父性性について考えた

  図書館では年に一回程度、貸出し頻度の少ない
書籍をリサイクル図書として処分する。最寄りの
町立図書館でも最近そうした処分があった。
そんな本の中に田口ランディの一冊を見つけた。
「できればムカつかずに生きたい」という、なん
ともキャッチ―ではないタイトルのその本は田口
の数あるエッセイというかコラム集のひとつで、
多分メルマガで発表したものをまとめたのだろう。
2000
年に出版された三刷で、1020日に初版が
出て115日に既に三刷になっているから結構
売れたのだと思う。
 しかしその装丁が読書欲をそそらない。頬づえ
をついている白人少女のバストショットがモノクロ
で真っ直ぐにこちらを見つめている。普段なら私は
そのような装丁の本は手に取る気になれない。田口
の著作は示唆に富み、一時期集中して読んだことの
ある私でもその一冊は敬遠していたが、無料配布と
いうことで持って帰ったのだ。しかし読んでみると
これがまたなかなか重く刺激的なのだった。
 このなかに「私は父性を持ちたい」という一文が
あって、アニメのドラえもんが守り容認し愛を与え
包み続ける母性賛歌であると捉え、日本の社会や政
治、職場環境に蔓延する母性性を指摘。一方で規律
と秩序、厳格な道徳などを規範とするものが父性性
だとしている。
 ナルホドそう言えば思い当たるのが同じ一神教で、
ユダヤ教を元にするキリスト教とイスラム教のこと
だ。ユダヤの神ヤハヴェがゴッドと呼ばれアッラー
と呼ばれてもそれは同じ唯一絶対の神のことである

が、私の知る限りでは規律と法を重んじるイスラム
は父性的であり、曖昧で矛盾が多く律法を廃棄して
愛に置き換え(このあたりは橋爪大三郎と大澤真幸
の対論「ふしぎなキリスト教」を参照)たイエスと
マリアを崇高な存在とするキリスト教は母性性その
ものだと謂える。
 あまりものごとを二つに分けて捉えるような考え
方は好きじゃないけれど、こんな視点で世の中を見
てみるとまた違った世界が開けるものだ。

|

« Streetじじい達 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/58838300

この記事へのトラックバック一覧です: 一神教の母性性と父性性について考えた:

« Streetじじい達 | トップページ