« 遺伝といえば | トップページ | Cool & Beautiful Africa »

「幸せ」の戦後史

 最寄りの図書館でちょくちょくリクエスト
を出して本を買ってもらっている。小さな町
立図書館の新刊購入に対する月間予算がど
くらいかは知らないが押さえどころの新刊
は入っていて、私の知らなかったようなオッ
と目を惹く著作も混る。割と趣味良く選んで
いるようなのだ。
 でも私が、これは!と思う本で他の利用者
にも読んで欲しいものや少々高額(といって
もせいぜい3000円くらい)のものは遠慮な
くリクエストする。利用し始めた最初の頃、
良い本があったらどんどんリクエストして下
さいね…と司書嬢に言われて調子に乗った。
リクエストしたものは必ず買ってくれる。
 ということで、『「幸せ」の戦後史』(菊地
史彦/トランスビュー)を買ってもらった。
或るサイトで紹介されていて、気になった

からだ。何とも固いタイトルではあるけれど
文章はそれほどでもなく、400ページほどを
一週間で読み終わった。
 第二次大戦後の日本人が社会意識として
生きる目標に何を追い求めてきたのかを、
政治的社会的文化的なアメリカとの関係を
軸に、労働環境や家族環境の変化を対照さ
せながら探ってみようというものだ。
 前半の労働問題の解説部分はもっとサッ
パリ済ませた方が良かったような気がする
が、歌謡曲やら映画や小説、オウム真理教
や永山則夫、東電OL殺人などの事件や世相
を反映させながらの展開は、社会評論という
よりも読み物として楽しめるものだった。
でも意表を突く見解や展開がないのが残念。
しかし著者があまり気に入っていないらし
い村上春樹の「1Q84」をこき下ろす一節
がエピローグに挿み込まれているのが面白い。
 とにかく端的に要約すれば、急激な社会
変化を経つつ「豊かさ」を追うなかで、
「疎外」という歪を蓄積していった我々
日本人にとって、「幸せ」って何なんでし
ょうね?…とポスト311の現在を生きる
読者に問いかけて終わっているという訳だ。
 本文は次のように結ばれている。
「我々は長きにわたる戦後と、そのあとの
時間を検証することで、自身の立つ場所と
向かう先を考え直す時期に立ち至っている。
本書はそのための小さな手がかりである。」
まさにそのままだ。そして今日生まれた赤
ちゃんにも戦後は引きずられていくという
現実だけは厳然とあるということだ。

|

« 遺伝といえば | トップページ | Cool & Beautiful Africa »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/57753186

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せ」の戦後史:

« 遺伝といえば | トップページ | Cool & Beautiful Africa »