« Cool & Beautiful Africa | トップページ | 多数決と民主主義 »

どこへゆくニッポン

 参院選まであと2日だ。マスコミはいつも
の世論調査で世論操作に忙しい。報道による
と自民党が圧勝しそうな気配だ。
 しかし我ニッポンジンという奴は馬鹿ばっ
かりになり下がったものだ。ほんとうにそれ
でいいのだろうか?自民・公明ラインで衆参
両院が絶対多数を占めてしまったら大変なこ
とになる!!多勢に無勢で好き勝手にやられ

てしまう!
 今度も投票率は50%を下回るだろう。そし
て投票に行くのは中高年というよりも老年層
が相当な割合になるんじゃないか。東京に居
た頃も田舎に来てからも、投票所で目にする
のはオジンオバンばかりで2030代と思し
き人の姿を殆ど見かけない。そして自公に入
れるのはマスコミの操作に引っ掛かり付和雷
同で動きたがる老年層に違いない。
 憲法改正よりも議員数削減よりも必要なの
は投票のルール作りではないか?
例えば;
まず、投票率は7割を切ったら無効としてや
り直しをする。しかも投票者の必要年齢層配
分を設けて人口構成とは逆のピラミッド型と
し、投票者数のうちに占める割合を2030
代を4割、4050代を3割、60代は2割で

70
歳以上は1割。割合には前後5%の巾を
認める。これに満たない場合は、この条件を
満たすまで何度でも投票を繰り返すのダ!
そして、候補者の中で“こいつだけは当選
させたくない”という奴を選挙区を問わず
5
名まで記名することができる落選投票も
やる。これで一定の投票数を集めた候補者
は晴れて失格となる。
 これくらいしないと、ニッポンという国
はほんとうに国破れる。

で、若者よ選挙に行こう。そしてとにかく
とりあえず自公以外で少しでもまともだと
思われる候補者に投票しよう!

|

« Cool & Beautiful Africa | トップページ | 多数決と民主主義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/57825221

この記事へのトラックバック一覧です: どこへゆくニッポン:

« Cool & Beautiful Africa | トップページ | 多数決と民主主義 »