« 靴磨きジョセフ 8 | トップページ | 図書館で »

厄介な事件

 アメリカ、ボストンで爆破事件があって、
同市に暮らす娘が居る身としては一寸心配
している。というのも、娘は半分ソマリア
人の血を引くイスラム教徒であり移民だ。
マサチューセッツ大学で精神医学を学んで
いるが、その大学は銃撃戦の末に捕らえら
れた容疑者も籍を置くという。また、先月
結婚したのだが、婿はパキスタン出身の移
民で、こうした事情ではどうも偏見の目か
ら逃れ難そうなのだ。
 今日、face bookで娘のページを覗いた
ら、どうも職場で厭なことがあったらしい。
というのも、学業と並行して米空軍の仕事
をしていて、同僚に何か言われたみたいだ。
妙な疑いをかけられたら、かなり面倒なこ
とになる恐れがある。今年中には結婚の披
露パーティーでボストンに行く予定なのだ
が、困った事件を起してくれたものだ。
 また、マスコミが先走って容疑者たちの
背景を嗅ぎまわったり憶測を広めたりして
いるようだが自重して欲しいものだ。せめ
てもの救いは、捜査当局やアメリカ政府が
冷静に取り調べを進めているらしい事で、
発表にも随分気を使った対応をしている様
子が見てとれる。
 一人生き残った容疑者は重体だというが、
なんとか回復して全てを語ってくれること
を望む。

|

« 靴磨きジョセフ 8 | トップページ | 図書館で »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/57227600

この記事へのトラックバック一覧です: 厄介な事件:

« 靴磨きジョセフ 8 | トップページ | 図書館で »