« 靴磨きジョセフ 6 | トップページ | 靴磨きジョセフ 8 »

靴磨きジョセフ 7

 その以前、ナイロビの南東のカンバ族の暮ら
す地域にあるマチャコスという町の郊外の農家
でホームステイをしたことがあった。二泊三日
の最初の夕方、その家の長男である同年代の男
とその妹である長女と一緒の散歩中に、「俺の
妹はどうだ?」といきなり訊かれた。何のこと
かと思った。
 ちょうど陽が傾きだして急速に辺りが薄暗く
なってゆく時間で、「俺が見張っててやるから
トウモロコシ畑の中で可愛がってやってくれ」
と言うのだ!あのときは兄が妹を斡旋したのだ
が、今度は兄不在の中で妹が直接迫ってくるか
もしれない。性にオープンなアフリカでは、そ
れくらいのことはいくらでもありうる。しかも
職の機会を探して田舎を出てきた女がスラムで
ブラブラしているとなれば、小遣い稼ぎに身を
売っているとしても何ら不思議ではないし、彼
女にとっては特別に恥じることでもないのだ。

|

« 靴磨きジョセフ 6 | トップページ | 靴磨きジョセフ 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/56969428

この記事へのトラックバック一覧です: 靴磨きジョセフ 7:

« 靴磨きジョセフ 6 | トップページ | 靴磨きジョセフ 8 »