« 靴磨きジョセフ 3 | トップページ | 靴磨きジョセフ 4 »

アルジェリア人質事件に思う

靴磨きジョセフは一時中断し、この時勢的な
出来事について言っておきたいことがある。

 アルジェリアには4年前に行った。その経緯
の一部については前に書いたが、警察国家であ
ること、旧宗主国であるフランスへのスタンス
と対イスラム過激派への対応に頑なな部分があ
る特異な国ではある。また北アフリカのアラブ
圏各国の国民からは非常に頑固で付き合いづら
い国民性を持った国だと疎んじられているよう
な部分もあることを知った。
 さてそんな国には石油と天然ガス資源が豊富
だ。私が行った時にジェミラの遺跡で撮影して
いると中年の日本人男性二人を見かけた。話し
てみると彼らは道路建設の技術者で、休日を利
用して世界遺産を見に来たのだという。
 私たちにさえ警察車両が前後を挟んでの移動
が義務付けられているとはいえ、アルジェリア
北部の比較的安全な地域だったからそうした自
由行動もとれたのだろう。単身赴任で派遣され
ている彼らの休日の過ごしかたとしては精いっ
ぱいの贅沢な時間だったのかもしれない。
 それで実は私が言いたいのはそんなアルジェ
リアの事情とは関係なく報道のあり方の問題に
ついてなのだ。物申したい幾つかの点がある中
で、とりあえずひとつだけ。
 今回もそうだし、国内外で起きた悲惨な事故
や事件で、犠牲者を過大に修飾して紹介すると
いう、あの報道姿勢のことだ。
 犠牲者○さんXX歳がどのような人物であっ
たかを学生時代の写真などまで引っ張り出して
述べたて、旧友、親族、場合によっては家族を
も引っ張り出してカメラの前でコメントを吐か
せるという、あの行為の事だ。
 悼むという思いの欠片も無いあんな報道に何
の意味があるというのか?犠牲者を伝説化する
ことで同情を過大化させ加害者へのバッシング
を肥大化するという陳腐な情報操作でしかない。

そんなことをやっている暇があったら他に取
材するネタも報道するべき対象も山とある。
 しかも、近年やたらと取り沙汰される個人情
報保護の観点から言っても、故人の情報をあの
ように広く知らしめるべきではない。

私も数年前まで足の先を突っ込んでいた世界
だし、かつては民放の夕方の報道系情報番組に
制作スタッフとして参加していたことがある。
その頃もテレビ番組制作の大勢があまりに思慮
の足りない慣例と手法のまま、放送時間を埋め
るという流れ作業に追われていたことを恥じる
思いがある。
これは放送メディアだけでなく新聞や雑誌にも
総じて言えることなのだ。

|

« 靴磨きジョセフ 3 | トップページ | 靴磨きジョセフ 4 »

世相」カテゴリの記事

コメント

 
アルジェリア人質拘束事件について、犠牲者の実名を非公表とした日本政府に対し、朝日新聞が22日朝刊で実名報道を開始。メディア各社が追随したことに対し、論議を呼んでいる。

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。

しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

犠牲者の甥という本白水智也氏は23日になり、Twitterで「朝日新聞の記者は2つ約束をしておりました。
『実名は公表しない』『本白水さんの許可がなければ絶対に記事にしない』。この2つの約束を破りました」と朝日新聞記者とのやりとりの一部を公表。1000件を超えるリツイートがなされている。
http://www.rbbtoday.com/article/2013/01/23/101659.html

投稿: | 2013年1月27日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/56633943

この記事へのトラックバック一覧です: アルジェリア人質事件に思う:

« 靴磨きジョセフ 3 | トップページ | 靴磨きジョセフ 4 »