« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年9月

こんな老人も

 最近はアンリ・サルバドールをよく聴いて
いる。1919年にグアドループ出身の両親の下、
フランス領ギアナに生まれ2008年に91歳で
没した歌手・ギタリストだ。

 2000年にリリースされた”Chambre avec
Vue”(邦題「サルバドールからの手紙」)
を手に入れたのだが、アンリが83歳の頃の
唄声の艶っぽさはどうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対立をエスカレートさせるのは

  今、中国での反日行動がエスカレートして
いるそうで、報道の無い日はない。私はあま
り中国は信用していない。未だに一党独裁と
いう稀有な政治体制の非民主的な国なのに、
経済的な戦略優先で進出してきた企業は、
これから先さらに手酷いしっぺ返しを喰らう
に違いない。そして今の日本にはうまく政治

的決着を誘導できるような知恵も力も無い。
もし日本国内に居る中国人が何らかの動きを
見せるようになれば、事態はさらに拙い状況
に陥るだろう。
 
一方、イスラム圏ではムハンマドを冒涜し
た映像をきっかけにした反米行動が世界各地
で燻りを拡げていて、私にはこっちのほうが
世界状況への影響ということでは気になって
しかたない。
 件のビデオ映像をYouTubeで見てみたが、
非常に安っぽい陳腐なものだ。アメリカ在住
の者が制作・配信したらしいが誰にとっても
意義のあるものでないのは明らかだ。
 こうしたイスラム世界への挑発は、いつも
欧米のキリスト教世界から一方的に始まる。
どんな宗教だろうと、あのように狭小で偏見
に満ちた考えは容認できない筈なのに馬鹿は

どこにでも居るものだ。そしてそれに対する
抗議行動を反「米」に誘導している或る意図

的な力が働いているということもあるに違い

ない。そしてそれをまた安易にアルカイダ

などと結び付ける短絡的な言論が出る。

 911の後はアフガニスタン叩きでガス抜き
をした。その後はイラク叩き、イラン苛め、
リビア転覆などがあって大きな反「米」に繋
ることは避けられていた。しかしこの反「米」
がターゲットを広めて本当の宗教対立と文明
衝突に向かうならば、人類と地球の自滅の加
速度は急激に上がるだろうと危惧されてなら
ない。
 こんな時こそ音楽家が立ちあがるべきだ。
ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンが
存命ならば、きっと何らかのアクションと
メッセージを発しているのではないか?

今、スティングは何をし、この事態をどう
捉えているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まわりを見まわすと

  本当に困ったものだ。言わずと知れた政治
状況のことだ。誰もが見透かしている政党の
体たらく、国会議員と政治屋たちの志の無さ
のことだ。
 
あまり間口を広くすると言うことが多くな
りすぎるので、とりあえず2大政党となった
民主、自民のことについて言えば、まず党首
選の馬鹿ばかしさ。

  待った無しならば他に火急の重要事項があ
るのに、それらを放り出して増税のみに突き
進んだ野田しか居ない民主。タレントと浮名
を流した若手のイケメン大臣を担ぎあげよう
としたようだが政権維持と保身が見え見えで、
今頃党首になっても次の政権維持はほぼ期待
できないものだから候補から退いたのは賢明
なのか狡賢いのか。
 自民は自民でとっちゃんボーヤたちがドン
グリの背比べをしているし、就任途中で職を
放棄して逃げ出した安部なぞというゾンビも
顔を出している。
 しかしこうした状況を産んだのはみんな我
々国民だ。本当にこの国の民度が低すぎる。
国会空転で財政が糞詰まり、地方交付税が止
められてしまったなど、完全にこの国は破綻
国家なのだ。
 周りを見回せば地方都市でも中国人が暮ら
し、企業を買収し、土地を所有しているのだ。
尖閣に気を取られているうちに、いつの間に

か日本は中国に乗っ取られ、実効支配されて
いた…なんてことになってしまいそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »