« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

南阿蘇にて

南阿蘇、高森町に来ていた。一カ月ほど
前の大雨で甚大な被害が出たのは、ほんの
少し北側の阿蘇市だ。高森町から阿蘇五岳
を迂回する道を北へ向かった。
 雨模様の中、周囲を山に囲まれた道へと
入る。少し行って度肝を抜かれた。道路の
左右の谷が抉られ流されたらしい跡が生々
しく残り、車の倍以上もあるような大岩が
転がっていた。きっと道路もそれらに切断
されていたに違いないが、ようやく復旧し
たのは一週間くらい前のことだ。
 
山の天候は変わり易い。山頂を覆ってい
た雲は徐々に上って青空が見え始め、阿蘇
一宮に着く頃には陽が照りだした。
 白川水源に立ち寄った。悠揚とわき出る
泉から掬って飲む水は優しい。
Photo_4
 日本一長い
名前の駅と言われる「南阿蘇
水の生まれる
里白水高原駅」からほど近い
蕎麦
の店で昼食を摂った。そこから眺めた
阿蘇
は清々しく晴れわたっていた。

 時に残酷ではあるが、やはり自然に抱か
れていると安心できる。そして原発事故に
よる放射能汚染を気にせず思い切り呼吸で
きる喜びを噛みしめながら思う。
 福島県と周辺はもとより関東も原発事故
からの影響を受け続けているのは明らかで、
首都圏に暮らしていたなら、きっと多かれ
少なかれ内部外部の被爆は避けられないだ
ろう。その悲しみと怒りが毎週金曜日の反
原発デモなのだと思う。少しずつ全国に拡
がりつつあるあの運動を全面的に支持する
気持ちが新たになったのだった。

Photo_2

[豪雨でぐちゃぐちゃになった線路:熊日新聞より]

Photo 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »