« 或るメッセージ | トップページ | セザリア・エヴォラを聴きながら »

蜘蛛に思う

  去年6月から暮らすようになった熊本。実家とはいえ

それまで継続して住んだことはない。というのも、私は

生まれも育ちも福岡で、熊本は母親の生家がある田舎で

しかなかったからだ。親戚が居るので子どもの頃から夏

休みの度に訪ね長逗留を重ねたから懐かしい土地ではあ

るが、幼馴染や学友がいるわけでなく故郷とは言い難い。

父親が引退した後、畑仕事がやりたいからと親戚の多い

土地で野菜作りを始めたのが今の実家だ。

 暮らしたことがなかったから分からなかったが、この

あたりには蜘蛛が多いことに気がついた。それは私の家

周辺だけでなく一帯に広く目につくことだ。熊本は農業

国だからだろうし、県内の他市町村や他県の地方でも農

業地帯には共通して言えることなのだろうと思う。

 家のある市は県庁所在地からバスで1時間くらいの田

園・畑作地帯で昆虫が多い。そこで蜘蛛も多いのだろう。

とにかく家と庭木や生け垣の間など至る所に蜘蛛が大き

な網を張っていて、邪魔になるから取ってもまた翌日に

はできていたりする。

Photo

 その多くは女郎蜘蛛と呼ばれる種類で、大きなものは

足の端から端まで10センチは優にある。良く見ると長

い足に赤黄が交互に繰り返す模様があるし、腹部には赤

い線も混じって美しいと言えないこともない。蜘蛛は害

虫を捕食するから益虫ではあるし、まあいいかと放って

おくと家の周りは蜘蛛の網に絡められている。

 しかし田舎生活というものは暮らしやすいようであり

ながら微妙な気遣いを要するものだ。それとなくどこか

から見られているので、都会暮らしのように匿名の群れ

に紛れて好きな事にかまけたりすればいつの間にか噂に

なっていたりもするようだ。

蜘蛛というものは、なんだか田舎生活の象徴のようで

はある。 

|

« 或るメッセージ | トップページ | セザリア・エヴォラを聴きながら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わーこの蜘蛛、女郎蜘蛛というのですね。昔祖母の家でトイレにこれがいて・・・以来トラウマです(泣)

投稿: タム | 2012年2月17日 (金) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/53650528

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛に思う:

« 或るメッセージ | トップページ | セザリア・エヴォラを聴きながら »