« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

或るメッセージ

アメリカに暮らす娘が時々紹介してくれる

YouTube動画のひとつ。

内向きにならず世界に目を向けること

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この国の行方

  別のブログと今月末締め切りの執筆などあって、そし

て日常のあれこれにモノ申す気分になれず、暫くこの

ブログを更新していなかった。

  しかしまあ民主党も地に堕ちたものだ。最初からそれ

程は期待などしていなかったからいいんだけどね。

でもドジョウを自認するノダも奴が選んだ閣僚も本当に

無能無策の輩ばかりだ。とにかくバカばっかりの税金ド

ロボー達の人員削減が最優先なのに、議員数削減ほかの

重要案件はホッタラカシにしたまま消費税増税の筋道だ

けはしっかりつけて国会は早々に閉会だ。

 昔の漫談家、牧伸二の「アーン、やんなっちゃった、

アーンアン驚いた!」なんていう懐かしいフレーズが浮

かんでしまう。

  そして世の中の一部ではボーナスが出たという。私

業でボーナスが出るのは幸運だ。でも何故に公務員やら

議員やらの公僕がボーナスを貰う権利があるのだ!

利益を生み出しているわけでもない奴らに手当など言語

道断の暴挙でしかない。関連法の改正もまた優先して取

り組むべき課題だ。そんなこんなをやった後での増税議

論だろうし、たかだか消費税を操作したところで企業へ

の優遇などすれば全体的な税収は大して変わらないだろ

う。そして一番肝心なのは暮らしかたの基本理念を整理

し、根幹の社会システムを変えない限りいくら税制を変

えようともこの国の抱える負債は減るどころではなく、

まだまだ右肩上がりに増えてゆくだけだと言う事だ。

 国債は国内で保有されているからとか言って安心感を

煽る一部の御用学者や経済アナリストがいるが、馬鹿を

言っちゃあいけない。ギリシャどころではない状況であ

ることは間違えないだろう。

  私はといえば、パートでアルバイトをしていた近所の

食品加工工場で3カ月刻みの契約を更新しないと言われ

頸を切られた。注文に合わせて日毎の生産量を決めてい

るのだが、仕事量が少なくて休みが出たりしていたし、

いつも定時前の午後34時くらいに終わっていたから

大丈夫なのかと訝っていたのだ。これが地方の中小企業

の現実ではある。

 このようにこの国はまた年の瀬を迎えるが、今年は

年越し派遣村の話題に加えて年越し生活保護村の話題

が浮上してくるのではないかと予想する。

 ああ、この国の行方!皆がポジティブに真剣に考え

行動しないと、本当に大変なことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »