« 久々の映画 | トップページ | 海洋天堂 »

欺瞞の国の未来

 福島県産の米が全て出荷可能となったらしい。それは

政府が適当に決めた放射性セシウムの暫定基準値、玄米

1キロあたり500ベクレルを下回ったからだという。

だいたい、この基準値そのものが安全性を保証する数字

じゃない。訪日中のベラルーシの研究機関(チェルノブ

イリ原発事故後の住民対策に携わってきた)ベルラド

放射能安全研究所が指摘したが、日本政府が設定してい

る放射性物質の基準値は全てにおいて甘すぎる。

 例えばベラルーシでは水1キログラムあたりの放射性

セシウムの基準値は10ベクレルだが、日本は200だ。

 470ベクレルが測定された米もあったが、調査研究用

として県が買い上げるという。知事は安全性が確保され

たとコメントしたそうだが、福島県の米農家は安堵した

のだろうか?テレビのニュースでは「風評被害が怖い」

という農民の声が紹介されていたが…

 はっきり言う、私はこれから基本的には福島県産の米

は食べない。これは風評被害ではない、基準値も測定方

法も公表のし方も信用しかねるからだ。

  それは米農家のためでもあると思う。一時的になんと

か生活は続けられる?かもしれないが、数十年後に

「あのとき福島の米を食べたばかりに…」ということに

なれば自責の念に駆られるのは生産者だ。

 肉牛の例もあったが、事は米だけでなくあらゆる農産

物や畜産品などに及ぶ。政府と東電は全量を買い取るべ

きだろう。

 18歳未満の子どもの甲状線検査が始まった。しかし事

が起きるのは子どもだけに限った事ではない。環境省は

除染の基本方針を決定したという。これも廃棄物の処理

や具体的な方途も無いままに、数字と予定だけを述べ上

げた只のゴタクに過ぎない。

 なんという欺瞞!

|

« 久々の映画 | トップページ | 海洋天堂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

結局その後、基準値を超えた米が見つかりましたよね。
こまったもので・・・

投稿: タム | 2012年2月14日 (火) 14時00分

いやホント、意地になって消費税増に突っ走ってるし、実体に合わない冷温停止宣言するし、困ったものです

投稿: mbuzi | 2012年2月14日 (火) 22時38分

最近は銀行の休眠口座のお金を活用するって話題まで(笑)

投稿: タム | 2012年2月15日 (水) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/52981753

この記事へのトラックバック一覧です: 欺瞞の国の未来:

« 久々の映画 | トップページ | 海洋天堂 »