« 中村とうようの遺書 | トップページ | 体は正直 »

新内閣は

   始めに福島の原発について、半径数十キロというか

放射線量の多い汚染地帯には、これから少なくとも50

100年くらいは暮らすことが出来ないという事をはっ

きりと言うべきだ。まずこれがなければ復旧も復興も始

まらない。そのうえで、人や動植物が安全(ほんとうは

今の日本には完全に安全が確保された場所は無いだろう)

に使う事のできる限られた土地と資源を使って行うこと

のできる、大きなビジョンに立ってのマップを作る必要

がある。

 だいたい爆発があってすぐに住民を避難させたのは、

高度の被爆・汚染という危惧があったからであって、未

だに真実の数値を反映させた詳細な放射線量マップさえ

公表せずに、帰宅の目途もあったものではない。

 先ごろ原発直近の避難住民に一時帰宅が許されたよう

だが、どのような判断なのだ?所持品を持って帰ったり

したようだけど、アルバムだろうが何だろうが相当に高

濃度の汚染が進んでいる筈なのに、そのまま持ち帰って

も大丈夫なのだろうか?

 何の落ち度もない住民をいつまでも絶望の淵に置き去

りにして、俄かには健康に影響が無いなどという、まる

で説得力の無い見解で被爆と汚染の許容量を上げてしま

った。一体政府は何をどうしたいのだ。

 避難所を次々に閉鎖し、職も無いまま、あっても職場

や学校へのアクセスも考えずに建てた仮設住宅に行けと

追い出し、家賃だけは掛らないにしても、これからは生

活費は自己負担でやれという。

  首相や大臣の雁首をすげ替えても何ぁーんにも変わり

ゃしないのだよ。

 志ある若者よ、もう民主党や自民党ほか既成の政党の

時代じゃないぞ。あと2年以内には間違いなく総選挙が

やってくる。本当は衆参同日が望ましいけど、そうなる

ように画策することは可能ではないか。

  今のうちに準備して立ち上がらないと末代まで悔いる

ことになるだろう。

|

« 中村とうようの遺書 | トップページ | 体は正直 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/52636989

この記事へのトラックバック一覧です: 新内閣は:

« 中村とうようの遺書 | トップページ | 体は正直 »