« 国は覚悟を決めろ | トップページ | 中村とうようの遺書 »

政党というものは、そしてシンスケなど

 前々から政治屋の動きを見ながらホトホト感心してい

るが、特に首相選びのゴタゴタを見ているとよく分かる。

民主党だろうが出自は同じの自民党だろうが、その組織

の構造は全くヤクザ組織のそれと同じだ。

 だいたい自民党の成立は戦後の混乱の中から出てきた

もので、進駐軍の植民政策の一環で、闇の部分を受け持

ったのがヤクザであり表で政治団体という名目で覇権を

競ったのが自民党だ。

 それにしても島田紳助の引退が何故に社会ニュースの

トップ時期として報道される必要があるのだ!シンスケ

が引退しようが事件事故を起こそうが死のうが全く何の

影響も無いではないか。馬鹿なテレビ局とスポンサーや

なんかが慌てるだけのことだ。

 そう言えば私が仕事をした幾つかのテレビ番組制作会

社は今、右往左往しているのだろう。可哀そうではある

が、あんな奴とは縁を切っておく良いチャンスだと思っ

て方向性を変えることですな。

 で、そのシンスケも関係したと言うヤクザと政党の話

に戻って…

 組長に若頭、本家や分家、グループ分けに金の流れ…

小沢グループや鳩山派だの、山口組系××組とか本家や

分家、政治献金だのみかじめ料だの、どこをとっても

相似形だ。

 政治理念も理想の大志も無く、あるのはただただ権力

欲と富の構図。利権への磨り寄りなのだ。

 まだ昔のヤクザには義侠心という美学があったよう

だが、今ではその残滓はあるのだろうか?

 義侠心には或る意味でレジスタンスや滅私奉公にも通

じるものがあると思うのだが、少なくとも今の政治の世

界にそんな要素は露も無い。

 何だか怒りに任せて考えなく書いてしまったので、こ

のあたりはそのうちに改めてちゃんと考えを纏めたいと

思っている。

|

« 国は覚悟を決めろ | トップページ | 中村とうようの遺書 »

世相」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/52558760

この記事へのトラックバック一覧です: 政党というものは、そしてシンスケなど:

« 国は覚悟を決めろ | トップページ | 中村とうようの遺書 »