« 記録と記憶 | トップページ | 夢を見た »

桜散って原発は

 もう、どうにも黙っていられない。これ以上平静を保

っていると精神衛生上良くない。

2011_2

まったく原発はどうも後出しジャンケンで負けてばっか

りのようで、僅かずつ出てくるデータに信憑性があるな

らば、既に融けた部分が格納容器の底で再臨界に向かっ

ているのじゃなかろうか?

だいたい炉心内部の温度が下がっただの上がっただのと

いうが、電源が通じていない筈なのにどんな計器でどう

やって計測しているのか、誰もはっきりさせようとして

いないのは何故だろう?

このままゆくと現場に居ない関係者や御用学者たちが繰

り返し言う「そんなことはまず無い」という状況に刻一

刻と近づいているのでは?

 以前、公共放送の仕事をしていた時に、原発に関する

番組があって、私は原発を核開発というコンテクスト上

は核兵器と同列に考える必要があると言ったことがある。

すると当時のED(XX機能不全ではなく、Executive

Directorの略)が、それは詭弁だと決めつけた。あいつ

は今どこで何をしているのだろう。

もうそろそろ、みんな本当のことを曝け出さなければ、

北東日本は人の住めない地域になってしまう。

ノストラダムスの言った恐怖の大王であって欲しくは

ない。

東北の桜は、これから満開を迎える。

|

« 記録と記憶 | トップページ | 夢を見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 このニュースは本当に悲しい。
 今あの場で何が起こり、何をこれからしようとしているのか、納得できることは何一つ語られてこないことがもどかしいです。
 私の愛する福島は、いったいこれからどうなってしまうのでしょう・・・。

投稿: タム | 2011年4月25日 (月) 11時35分

その後の経過を見ていると、いよいよチェルノブイリの様相を呈してきていて、私の危惧は杞憂ではなくなってきているようです。日本人各自の生き方が問われているのだと思います。

投稿: mbuzi | 2011年4月25日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/51390832

この記事へのトラックバック一覧です: 桜散って原発は:

« 記録と記憶 | トップページ | 夢を見た »