« 吹く | トップページ | レア・ウィスキー »

失業2年生

 去年の4月から失業して、もう1年以上。ということで、この
4月から2年生になってしまった。
去年は失業保険を延長してもらってなんとか生き延びた。11月
から今年3月の間は、昔のつながりで偶然に仕事が湧いて出たの
でなんとか凌いだ。この1年1カ月の間に毎月幾つもの求人に応
募して、尽く刎ねられた。
別に高望みをしているとは思わない。できるだけ常雇いの社員が
希望ではあるが時給制のバイトでも構わない。でも業界を除いて
一般的に通用する経験や資格のない私に当てはまる職種が少ない
し、何でもやろうと思ってこちらが経験を無視して応募しても、
55歳という年齢が中途半端なのだ。
一般的な定年年齢まで5年しかない男を今、社員として雇おうと
いう企業は無い。私が採用担当だったらそんな男を雇おうとは思
わないから当然だろう。もう自分は中高年というよりも、雇用の
対象としては老年の範疇に入っているのだ。出来る仕事は少なく
その年齢帯でのパート仕事は女性が優先されている。
 正念場の2年生に出来る事は少ない。考えを転換するしかない。
今日は気分転換に無料の交響楽コンサートに行って、マンション
管理人のパートの面接だ。

|

« 吹く | トップページ | レア・ウィスキー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/48493825

この記事へのトラックバック一覧です: 失業2年生:

« 吹く | トップページ | レア・ウィスキー »