« 護衛に囲まれて | トップページ | 世界はどこへ向かおうとしているのか »

人類の故郷から

P1020093  エチオピアのハダールは人類の故郷と呼ばれる。
私達はついつい出自とかアイデンティティとかいう、過去方向に
遡って自分を知りたがる傾向がある。でもやはりこれからどこへ
行こうとしているのか、そちらが大事なのだ。
写真は、320万年前の猿人の化石が出てきた地域。それは枯れ川
と灌木以外は何も無い世界。映画「猿の惑星」のラストではない
が、今は繁栄する都会であっても未来には砂漠になっていない保
証は無い。というよりも、そのようになる可能性の方が確実に大
きいのだ。しかも現在の環境変化を考えると、それは着実に数万
年どころの単位ではなく、遥かに速い速度でやって来る。
自分の、というよりも世界の向かう方向に思いを馳せたハダール
だった。

|

« 護衛に囲まれて | トップページ | 世界はどこへ向かおうとしているのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/47903677

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の故郷から:

« 護衛に囲まれて | トップページ | 世界はどこへ向かおうとしているのか »