« 始めて乗った都電 | トップページ | ジュンパ・ラヒリ、世界文学の方向性 »

浪人のボヤキ

 4月末に失業して、いまだに職が見つからない。
失業給付の期間180日が今月末で終わる。焦っている。
給付を受けるためにHWへは通っているが、ハローのハの気配も
無いままにここまで来た。職安が職業を安定的に供給する斡旋機
関ではないことはあまりにも自明なので、ウェブの求人サイトと
か幾つかのHPをこまめにチェックしているが、特に私のような
中年と高齢者の中間の世代にとって、このご時世で今の時点での
失業は致命的だ。帰国以来殆どの時期をフリーランスでやってき
た訳なので元の潜在的失業者状態に戻っただけなのだが、これま
でで最悪に厳しい。
 このところ毎日聞かされる電車の人身事故。あれは多くが飛び
込み自殺で、多すぎてニュースにされることも少ない程だったの
がニュースにしないことにはいかない程に多くなってきてしまっ
たようだ。私が飛び込むような心境になっている訳ではない。
今の世相もかなり切羽詰まっているということが言いたいのだ。
 そんななかの政治がらみのニュースでは民主党政権のもたつき
を云々しているが、本当にマスコミはバカだ。
無血クーデター並の政権交代が起きた訳なのだから、まずは前政
権の負の遺産を整理することで精いっぱいではないか。しかも国
民のマジョリティからの付託なのだから、とりあえずは運営の透
明性にだけ眼を光らせながら見守ることだ。来年度までは具体的
な成果が出て来ることを期待してはいけないだろう。
 八ツ場ダムについても、地元民はどうしてああも頑なのだろう
と思う。本当は建設に反対していたのじゃなかったの?前政権と
官僚に愚弄されてきた挙げ句に仕方なく同意しただけだだろう。
また振り回されては堪らない、という心情の部分だけで駄々を
コネるのではなく、この国の行く末を見据えて考え、発言・行動
して欲しいものだ。ただし民主党も説明が全く足りていない。
前政権のような高飛車な態度ほどではないが、政権を取った途端
にあやふやで不透明になるようでは先が思いやられる。
 マニフェストに拘泥するのもおかしい。財政面では実効資金の
ことも問題にされているが、今でさえまだ不明な事が多いのに野
党時代には分からない事の方が多かっただろう。やってみなけれ
ば分からない部分も多い筈なのだから、すぐには出来ない事は出
来ない、修正が必要なことは修正するとどうして言えないのか。
分かって来た事を開示し、政策推進の優先順位をはっきりと打ち
出して説明することのほうが、貧困率の計算などしているよりも
やるべきことだと思う。

|

« 始めて乗った都電 | トップページ | ジュンパ・ラヒリ、世界文学の方向性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/46445635

この記事へのトラックバック一覧です: 浪人のボヤキ:

« 始めて乗った都電 | トップページ | ジュンパ・ラヒリ、世界文学の方向性 »