« 生き辛い時代 1 | トップページ | 生き辛い時代 3 »

生き辛い時代 2

 一度手を引いた世界にはもう戻る事は考えなかった。
テレビ業界がどれ程駄目で、馬鹿ばっかりが首を揃えているだけ
の、しかし衆愚ニッポンにとってはもの凄い大衆操作の影響力を
持つ危険な業界であることも分かっている。利用することはあっ
ても、その中に身を置くつもりは、もう無い。
これまでにも書いてきたように、アフリカとの比較文化のなかで
一矢報いたい。幸いにももう今の私には扶養してやらなければな
らない妻子は無い。みんなそれぞれに自分で自分の道を歩いてい
るわけで、とりあえず私は一人で生きて行ければいいのだ。
考え方を変えれば、格安航空券販売ほど、あんなにストレスの溜
まる仕事も無かったのだ。主に電話問い合わせに対応しての販売
業務で、はっきり言ってこれほど私に合わない業務は無かった。
これまでに人生で初めて経験する業務形態だったのだ。
第一私は、アフリカ生活の中で電話に対して非常に嫌な経験しか
覚えていないのだ。

|

« 生き辛い時代 1 | トップページ | 生き辛い時代 3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/44537867

この記事へのトラックバック一覧です: 生き辛い時代 2:

« 生き辛い時代 1 | トップページ | 生き辛い時代 3 »