« インド映画が映す現実 3 | トップページ | 「グラン トリノ」とアメリカの現在 1 »

ハローワークとこの国のかたち

 ほんとうに妙なネーミングをしたものだ。呼び方を変えたと
ころでやっている事や体制が変わった訳ではないくせに。でも
職業安定所と言っても、実質的には職業の供給を安定させるた
めのものでは無いから、内容に見合ったことをやってくれたら
良いのだが…
職が無いのは分かっているが、時間があるので時々最寄りのハ
ローワークに行く。朝から人でごった返している。データベー
スの検索でも30〜40人待ちは当たり前で、比較的人が減る午
後遅めでも20人くらいは待つ必要がある。しかも求職者の半数
は20〜30歳代の若者で、今や中高年層のほうが少ない。
しかも50歳代前半という私の年齢は中途半端で、高齢者対策の
高年層には引っかからず、一般求人の対象としては年をくい過
ぎているのだ。法律上は年齢でハンディをつけてはいけないと
いうことになってはいるが、実際は年齢が高い者ほど敬遠され
ることは目に見えている。
 ここへ来てアホ首相と与党の支持率が上がってきたなどと馬
鹿なマスコミが喧伝しているから、世の中はますますドツボに
はまってゆく。あいつは初めから任期一杯しがみつくと思って
いたが、間違えない。民主党も同じ穴のムジナなのでどうしよ
うもない。
赤字国債11兆円分を発行して総額14兆円の補正予算を通すそ
うだ。国債と言うのは発行すれば売れるようになっているらし
いが、それって金を刷っているってことではないの?
歳出が歳入より遥かに大きい状態が続いて、この国は追加発行
の国債で賄ってきているんですよね。これって既に経済が破綻
している状態でしょう。年金にしても健康保険にしても、もう
すでに完全に破綻しているのに、マスコミさえ「いずれは…」
とか「このままでは…」という言い方しかしないのはおかしい。
今の日本に必要なのはクーデターか大革命以外に処方のしよう
がないところに来てしまっている。
いまさら世襲議員を制限するとか言うのもおかしい。世襲は勿
論駄目だが、今選挙しても立候補する者が同じ馬鹿ばかりなら
選びようが無い。候補者には誰も適任者が居ないことを表明す
る手立ては無いのだろうか? 国民に首相や大臣のリコール権
を持たせる事は出来ないのだろうか?
その前にできることとして、議員数を半分にし公務員の天下り
先である不必要な財団を一掃し、議員も大臣も総入れ替えする
くらい可能ではないのか?
そして一番駄目なのは、このテイタラクを容認してきたニッポ
ンの愚衆たちだ。

|

« インド映画が映す現実 3 | トップページ | 「グラン トリノ」とアメリカの現在 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/44817072

この記事へのトラックバック一覧です: ハローワークとこの国のかたち:

« インド映画が映す現実 3 | トップページ | 「グラン トリノ」とアメリカの現在 1 »