« 生き辛い時代 2 | トップページ | 生き辛い時代 4 »

生き辛い時代 3

 ケニアに暮らしていた頃、毎月の電話代に相当苦労した。
それは帰国する5年ほど前から始まったことで、ソマリア内戦が
勃発して我が家に元妻の親類縁者が集うようになっていった時期
と重なる。今のように携帯電話が普及して、サバンナの只中のマ
サイ戦士までもが槍と一緒に携帯電話を持って歩いている時代と
は違い、自由に電話をかける事の出来る場所は少なかった。そこ
で我が家に人が押し寄せては電話をかけていた。そんななかで私
の電話嫌悪が深まったのだと思っていただきたい。まあそのあた
りの事情の詳しい事はまたの機会に書くとして、とにかく長電話
という行為に対して私はものすごい嫌悪感を持っている。
ましてもともと口数少なく、電話は必要最低限の伝達事項を伝え
る機器だとしか信じていない私が、電話で商品を売るという営業
活動をやっていたのだ。引きも切らずに鳴る電話を取り、様々な
人の要求に即答で受け答えしながら航空券を売る。そんな仕事の
なかで、丁度フラストレーションがピークに達しようかという時
でもあったということだろう。
 さてさて何をするか…

|

« 生き辛い時代 2 | トップページ | 生き辛い時代 4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/44547877

この記事へのトラックバック一覧です: 生き辛い時代 3:

« 生き辛い時代 2 | トップページ | 生き辛い時代 4 »