« ソマリア | トップページ | ソマリアの婚約式 »

アメリカの息子

 娘がアメリカに居るということは前に書いたが、息子も居る。
前妻の連れ子で民族的には生粋のソマリア人だ。5歳のときから
ケニアで一緒に暮らし、私たちが帰国したときは15歳だった。
他の子供たち(息子と娘)同様日本語は教えていなかったが、日
本の高校を卒業してアメリカの大学へ進学した。事情があって大
学は中途で止めてそのまま滞米し、色々な経験を重ねた後に今は
元妻と娘(は大学の寮に入っているが)とともにミネアポリス近
郊の町に暮らしている。
その、今年29歳になる息子が4月に婚約するという。その婚約式
に出席して欲しいとの連絡があった。もちろん親として出ない訳
にはいかない。旅行費用を作るための節約を始めた。
 ソマリア式の伝統的な婚礼は婚約式から始まる。それは実際の
結婚式の何年も前に行われることは普通で、息子の場合も結婚は
2年ほど先になるのだという。花嫁候補はシアトル在住の24歳だ
という。移住したソマリア系アメリカ人で、今はハイスクールに
在学中で2年後に卒業したら正式に結婚するそうだ。
こうした婚約から結婚というプロセスは、以前ケニアに居た頃に
元妻の妹の例で経験済みだから私には理解できるし、それがどの
ように執り行われるかも知っている。
次回は、その妹のときの婚約式の様子を伝えることにする。

|

« ソマリア | トップページ | ソマリアの婚約式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529115/43776408

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの息子:

« ソマリア | トップページ | ソマリアの婚約式 »